02

お客様ごとに異なる〝好条件〟を
見極められるセンスを

2015年度入社

甲南大学 経営学部 経営学科卒業

石川 洋介

お客様ごとに異なる〝好条件〟を
見極められるセンスを

2年前に販売したマンションについて、「入居率が高く収益が上がっている。ありがとう」という言葉を最近お客様にいただき、感慨深いものがありました。誰もがほしい!と思うような好条件ぞろいではなかったものの、土地の規模、立地、そしてお客様の職場に近い点で自信をもっておススメできると判断し、提案した物件でした。成約して終わり、ではない不動産業の魅力を体感し、営業マンとしてさらにセンスを磨きたいと感じました。

最良のマッチングを求め
あえて素の自分で勝負

リクルートスーツに黒髪の、いわゆる就活生のスタイルに身を包むと本来の自分を見てもらえないと感じ、あえて普段通りの髪型にするなど見た目を変えずに面接に臨みました。自覚のない若者だと一蹴される覚悟をしていたところ「次はひげを剃ってきてね」と言われただけ。あとで聞くと賛否両論いろんな意見が出たようですが(笑)。表面にとらわれず中身を見ようとしてくれたことがうれしく、「この人たちと働きたい」と心が決まりました。

革新的な環境で経験を積み
大きく飛躍したい

当社は、事業スタイルだけでなく働き方も革新的で、土日休み、定時退社が基本。空いた時間で宅建の勉強をする若手が多いです。歩合やノルマもありません。入社した頃、頻繁に同行させていただいた上司の多角的な視点、仕事の丁寧さに刺激を受け「この人のマネをしよう」と決めました。今も敵わない相手ですが、少しでも近づけるよう経験を積み、まずは営業成績で一番、ゆくゆくは業界で存在感を放つような仕事をしたいです。

一覧へ

PAGE TOP